facebook twitter instagram

東山動植物園とは

動物園
navigate_next 動物園
植物園
navigate_next 植物園
キャラクター

沿革

名古屋市の動物園は、大正7(1918)年に鶴舞公園内に「名古屋市立鶴舞公園附属動物園」として開園(昭和4(1929)年に「市立名古屋動物園」と改称)しました。

手狭になり施設も古くなったため、昭和12(1937)年3月24日に現在の地に移転し、「名古屋市東山動物園」と名称を改め開園しました。一方で植物園は、民間からの指定寄付を基金に、動物園より一足早く、昭和12(1937)年3月3日に「名古屋市東山植物園」として現在の地に開園しました。その後、昭和43(1968)年8月に個々に運営されていた動物園及び植物園を一体化し、新たに、有料公園施設「名古屋市東山動植物園」として運営が始まりました。

現在

現在の東山動植物園は約60haの広さを誇り、動物園、植物園、遊園地、東山スカイタワーととても一日では観て回れないほど様々な魅力にあふれています。動物園では約500種の動物を、植物園では約7000種の植物を、それぞれ展示しています。動物の飼育種類数については日本一です。東山動植物園再生プランが進行中で、動物舎をはじめ様々な施設がリニューアルしており、より快適に過ごせるようになっています。園内では東山の森の妖精「ズーボ」に出会えることもあり、幅広い層の方が学び、楽しめる場所です。 東山動植物園では年間を通していろいろなイベントが開かれています。

キャラクター

現在進行中の再生プラン

動植物園という場を通して、持続可能な地球を学び、感じ、幅広い市民と素敵な未来をつくる。都会の中に残る豊かな自然に囲まれて、楽しく、深く、いのちを学ぶ。 地球のいのちに出会う森。それがこれからの東山動植物園です。

これからの東山

近年、動植物園のあり方は変わってきており、レクリエーションに加えて、環境教育や種の保存などの役割が重要視されています。

市民の憩いの場として親しまれてきた東山も、もっと身近に、もっと楽しく自然と向き合える施設へ、大きく変わろうとしています。 やがて来る100 周年に向けて、「人と自然をつなぐ懸け橋」となることを目指し、園内の再生整備を進めています。

 

動物園

動物園
コアラ、アミメキリン、アジアゾウ、ライオン、ニシゴリラなどの多種多様な動物をご覧になれます。
ゾージアム

ゾージアム

ゾウの学習施設を併設した、広さ3,350㎡のアジアゾウ舎、ゾウのふるさとであるスリランカをイメージしています。

コアラ舎

コアラ舎

大きなガラス張りの展示室で樹上生活をするコアラを観覧できます。

バードホール

バードホール

人と鳥を隔てる柵がないウォーク・イン方式の展示で鳥たちを間近で観察することができます。

ふれあい広場

ふれあい広場

ヤギやモルモットとのふれあいを体験でき、ウシやウサギなどの身近な動物を展示しています。

小鳥とリスの森

小鳥とリスの森

建物内では小鳥やリスが放し飼いになっており、小鳥のさえずりが安らぎの時間を与えてくれます。

アフリカの森

アフリカの森

東山が誇る豊かな森を背景に、群れで暮らすニシゴリラとチンパンジーをご覧いただけます。

自然動物館

自然動物館

館内では夜行性動物・は虫類・両生類など珍しい動物にたくさん出会えます。

世界のメダカ館

世界のメダカ館

世界でも類を見ないメダカコレクションを有する展示施設です。希少な淡水魚も見られます。

アメリカゾーン

アメリカゾーン

絶滅の危機からの復活をテーマに、アメリカ大陸に生息する動物を展示しています。

 

植物園

植物園
丘陵地の自然林を生かした約27ha の敷地で、四季折々の風景を楽しんでいただけます。
春

桜の回廊では全国から集めた約100種1000本の桜が次々と咲き乱れます。品種によって趣が違い、咲く時期がずれているため長い期間、桜を楽しめます。

夏

季節によって違う花が植えられるお花畑で、夏の絶景に出会えます。力強く咲くひまわりと青空との美しいコントラストは必見です。

秋

奥池周辺や日本庭園を中心に約60種200本のもみじが色づいて名古屋屈指の紅葉スポットとなります。湿地園では絶滅危惧種に指定されている白い金平糖のようなシラタマホシクサが見られます。

冬

雪の日は世界遺産の白川郷から移築した合掌造りの家が現地の趣を伝えてくれます。あまり花のイメージがない冬でも椿園などで凛と咲く椿が楽しめます。

 

フード・ショップ

フード
丘陵地の自然林を生かした約27ha の敷地で、四季折々の風景を楽しんでいただけます。
ZOOASIS(ゾアシス)

ZOOASIS(ゾアシス)

9:00~16:45
美味しさがいっぱいのフードコート。ウエスト、イーストに分かれてバラエティに富んだ7店舗が入っています。

ガーデンテラス東山

ガーデンテラス東山

11:30~22:00
植物園にあるレストラン。特別なひとときを楽しむことができます。
※ディナータイムは動植物園へ入園できません

メゾン・ド・ヴェール

メゾン・ド・ヴェール

9:00~16:45
ボートの浮かぶ上池のほとりにあるカフェ。コーヒーやモーニング、アイスなどを楽しめます。

カフェ ノースガーデン

カフェ ノースガーデン

10:00~16:30
北園門のすぐそばにあり店内は、無料休憩所としてもご利用いただけます。ボリューム満点のランチなどがおすすめです。

ショップ

ショップ
丘陵地の自然林を生かした約27ha の敷地で、四季折々の風景を楽しんでいただけます。
ズー・デ・ガッテン

ズー・デ・ガッテン

9:00~16:45
上池のほとりメゾン・ド・ヴェールの隣にあります。ズーボグッズはもちろん、おみやげがたくさん揃っている人気のショップです。

ZOOBOGATE(ズーボゲート)

ZOOBOGATE(ズーボゲート)

9:00~16:45
正門のすぐそばにある公式マスコット「ズーボ」の名前の入ったおみやげショップです。ズーボグッズや東山動植物園公式商品などを見て選んで楽しめます。

ショップ ノースガーデン

ショップ ノースガーデン

10:00~16:45
北園アメリカバイソン舎の向かいにあるショップです。ぬいぐるみや動物の特徴をかわいく再現したオリジナルのグッズなどが豊富に揃っています。

その他施設

その他施設
丘陵地の自然林を生かした約27ha の敷地で、四季折々の風景を楽しんでいただけます。
東山ボート

東山ボート

上池でボートに乗ることができます。いろんなキャラクターのぺダルボートをご用意しております。

遊園地

遊園地

楽しい遊具がいろいろそろった遊園地。ちびっ子から大人まであきない面白さ。

東山スカイタワー

東山スカイタワー

入館料 300円(動植物園共通券640円)
※中学生以下無料 開館時間 9:00~21:30(入館は21:00まで)
東山動植物園に併設されている高さ地上134mの展望タワーです。展望室のほかにショップやレストランがあります。

 

利用案内

利用案内

◆ 所在地
〒464-0804 名古屋市千種区東山元町3-70

◆ 開園時間
9:00 ~ 16:50(入園は16:30 まで)

◆ 休園日
毎週月曜日、12 月29 日~ 1 月1 日

※ただし月曜日が国民の祝日、または振替休日の場合はその直後の休日 でない日が休園日です。
◆ 観覧料
大人1 人 500 円(100 円)
30 人以上の団体 450 円( 90 円)
100 人以上の団体 400 円( 80 円)
定期観覧券(1 年) 2,000 円(600 円)
スカイタワー共通券 640 円(160 円)
※中学生以下無料 ※( )内の料金は名古屋市内に住所を有する65 歳 以上の方が対象です。

交通のご案内

交通のご案内
◆ 電車の場合
・地下鉄東山線「東山公園」駅下車3 番出口徒歩3分
・地下鉄東山線「星ヶ丘」駅下車6番出口徒歩7分(植物園へは星が丘門が便利です)
◆ お車の場合
・東名高速道路名古屋インターより西へ車で約15 分
・名二環(東名阪)上社インターより西へ車で約10 分
・名古屋高速四谷出口より東へ車で約10 分
 

環境教育プログラム

環境教育プログラム
環境教育プログラム

保育園、幼稚園、小・中学校などの教育団体向けに、動植物園が行っており、「総合学習」や「遠足」に利用できます。動物や植物に興味が持てるよう、生態系に関する問題を中心に、生きた動植物を素材とした様々なプログラムを用意しています。

東山動植物園の公式サイトへ
TOP